美容と健康に欠かせないたんぱく質やビタミンB群、貧血を予防する鉄分など、優れた栄養成分が豊富に含まれている食肉。お肉の栄養のことをちゃんと知って、おいしく食べて健康な体を保ちましょう!
■3大栄養素・たんぱく質
3大栄養素の1つであるたんぱく質は、血液や皮膚、内臓、毛髪、爪などをつくるために必要な栄養素です。毛髪や爪だけでなく、皮膚も周期的に生まれ変わるものなので、たんぱく質は綺麗なお肌や髪の毛、爪をつくるためには欠かせません。肌にハリを持たせるコラーゲンもたんぱく質の一種です。

またたんぱく質は健康のためにも欠かせません。たんぱく質が不足すると、体力がなくなり“頑張り”がきかなくなったり、病気に対する抵抗力になる免疫体もつくることができなくなって、病気にかかりやすくなったりします。また傷の回復が遅くなったり、鉄分がうまく体で使われずに貧血が起こりやすくなったりもします。

食肉に含まれている動物性たんぱく質はとてもすぐれものです。たんぱく質を構成するアミノ酸約20種類のうち、体内で作り出すことができないのは“必須アミノ酸”と呼ばれる8種類です。8種類のうちどれか1つ欠けても、重大な栄養障害が起きてしまいます。食肉に含まれている動物性たんぱく質は、この8種類をバランスよく含んでおり、また植物性たんぱく質と比べて必須アミノ酸が多く含まれているすぐれものです。しかも体内の吸収率が植物性たんぱく質よりも高く、食肉は良質なたんぱく質として満点の評価をされます。

■食肉にバランスよく含まれる“必須アミノ酸”
食品に含まれるたんぱく質は体内でアミノ酸という小さな単位に分解されてから利用されますが、体内で合成することができずに、食品から補わなければならないものを、必須アミノ酸といいます。
アミノ酸とは???
大人では8種類、幼児ではさらにプラス2種類の10種類が必要です。食肉にはこれらのアミノ酸がすべてバランスよく含まれているのが特徴です。成長期の子供は丈夫な身体づくりのために、高齢者の場合も年齢を重ねるたびに消化管の機能が低下し、消化吸収能力が低下するので、やや多めに摂取することが必要です。